未分類

窓の目隠しシートは100均で!セリアがおすすめな理由

セリアで良さげな目隠しシートが売っていたのでレビュー。

ダイソーじゃなくてセリアですよ!

この記事を書いてる時点ではセリアをオススメします。

▼今回目隠ししたいところ

僕の普段の作業デスクから撮った画像になるのですがこのままだとお隣さんの二階の窓が見えてる状態。

昼間はレースのカーテンのみでも外から中は見えない(てか誰も見てない)んですがレースのカーテンを付けていると少し暗い感じなのですが自然の光が好きなので電気を点けず昼間は画像のようにレースのカーテンをクリップで止めています。

お隣さんが僕の家を覗くことなど無いのは百も承知なのですが、不意に鼻くそほじってるとこでも見られたら堪らないので何か良い方法は無いものかと考えておりました。

amazonや楽天などのネット通販で自分のイメージに合うものを買うのが正直なところベストかなと思うのですがネットやインスタで調べてみるとなんと100均でも買えることが判明!

目隠しシートは100均で買えちゃう。けど・・・

本当100均ってすごい。

もうなんでも置いてあるイメージしかなくてこだわりの物を買う時以外は『とりあえずダイソー行ってみるか』みたいな思考になってる自分がいる。

柄の種類は少ないものの様々な模様の目隠しシートが置いてあります。

作業部屋が一気におしゃれになりそうだし1枚100円だし

『これは買うしかね〜!』

『どの柄にしようかな〜』

と買う気満々で商品を選んでるうちに1つ気付いてしまいました。

それは100均に置いてある目隠しシートのほとんどが『粘着剤』を使用して窓に貼り付けるタイプだという事。

粘着剤を使用するタイプの何がダメって貼ってる時は良いかもしれませんが剥がす時に窓に粘着剤が残ってしまいそれを除去するのにめっちゃ苦労するんですよね。

それも承知だよって方は止めません。

だけどよ〜く考えてください。

『100円でイイもん買えたわ〜』

って思っても剥がす時に

  • 剥がすために必要な道具
  • シール剥がし剤
  • 作業時間

が余計に掛かってくるので正直僕はオススメしません。

100均のお得感に欠けるというか。。。

▼そこで見つけたのがこの商品

セリア 貼ってはがせる《窓ガラス用》目隠しシート

サイズ 約45cm × 約70cm
材質 PVC

すでに画像の窓に貼ってあるやつです。

光に当たるとキレイな色してますよね。

ギラギラする訳でもなく意外と落ち着いた感じで気に入りました。

材質もPVCのみで粘着剤が使用されていないので剥がす時も安心。

いきなりBefore & After

今回よかったら追加購入する作戦で試しに2枚買ってきました。

▼Before

▼After

作業時間は2枚でおよそ30分くらい。

レースのカーテンを開けたままでもお隣さんの窓も隠れて鼻くそほじり放題。

外からの視線も気にする必要なくなりました(もともと無い)

これは最高。

 

ただデメリットももちろんあって

  • UVカットの記載が見当たらないのでUVカットは付いてない
  • 窓一面にキレイに貼りたい人はつなぎ目を合わせるのに結構苦労すると思う

という事。

UVカットの記載が見当たらないのでUVカットは付いてない

UVカットが無いと家具や壁など色あせてしまうので、南向きの窓で強い日差しが入ってきたり、目隠しシートだけ貼ってカーテンは付けたく無いって人はUVカットのあるシートを選びましょう。

特に日差しの強い部屋に貼る場合、UVカット付きだと夏場の部屋の温度上昇を抑えることができるので結果冷房代の節約につながります

日差しの強い部屋にはUVカットは必須ですね。

つなぎ目を合わせるのに結構苦労すると思う

▼目隠しシートの端部

これは今回買ったシートの端っこなんですがよく見るとピタッとまっすぐに合っていませんしマス目の中途半端な位置で切られています。

僕は今回試しで貼ってみて気に入れば追加購入し窓全体にビシッ!とキレイに貼ってやろう、という作戦でしたので横幅を切るついでに後でマス目を合わせやすいようにカッターでキレイに加工しておきました。(画像は加工前の物です)

▼微調整中の図

作業に取り掛かる前の僕のイメージ

  1. 霧吹きで貼りたい部分をビショビショに
  2. 目隠しシートを窓に当てる
  3. シートが窓に張り付きつつもスルスルと動くので微調整
  4. 位置があったところでハケなどを使い中の水を外側に逃す
  5. 見事完成

みたいな感じをイメージしてたんですが。。。

実際に行った作業

  1. 霧吹きで貼りたい部分をビショビショに
  2. 目隠しシートを窓に当てる
  3. シートが窓に張り付きつつもスルスルと動、うごっ、動かないので一旦落ち着く
  4. シートの一部を剥がし位置合わせ
  5. 今度は反対側がズレてしまったので反対側を剥がして位置合わせ
  6. 以下4・5を自分が納得のいくところまで
  7. たまたま位置が合いなんとか完成

みたいな感じで結構苦労しました。

これで模様も合わせるとなると相当な技量が必要だと思います。

まとめ

今回はセリアで買える粘着剤不使用タイプの目隠しシートを紹介させていただきました。

僕の用途にはピッタリの商品でしたが

  • 強い日差しが入ってくる窓に貼るつもりの方
  • おしゃれな模様の目隠しシートを窓一面に貼りたい方

は100均で買うより選択肢も多くて・粘着剤不使用・かつUVカットの付いてるタイプを探してみるのもイイですね。

 

▼例えばこんなの